サーフボードディティル

サーフボードディティル

アウトライン [out-line]

ボードを正面から見たときの周囲のプロポーションのこと。そのボードの性格を決定する上で非常に重要な部分。

例えば、ワイドポイント(一番幅の広い部分)がボードのどこにあるかで性格が違ってくるのです。ノーズよりの場合は、直進安定性が増しノーズライディングに向くアウトラインを持つボードとなり、テールよりの場合はターンのしやすいアウトラインを持つボードとなります。

もちろん、波やその他の要素が入るので、一概に言いきれませんが一般的にこのようにアウトラインによって性格が変わってきます。

アウトラインの主な構成は、長さ(レングス)、ノ―ズ幅(ノーズ)、ワイドポイント(ワイズ)、テール幅(テール)であり、それぞれをつなぐ曲線をどの様にシェイプするかがシェイプの上で、重要になってきます。

サーファーの目指すスタイルに合わせ、機能するような水の流れを作るように、相談の上シェイパーが考えて削ります。

サーフボードディティル

レングス [length]

ロングボードは9フィート(274.3cm)以上のサーフボードを呼びます。これは、大会の規格がそうなっているためです。大切なのは単なる長さではなく、サーファーが自分のスタイルを表現しやすい長さが必要です。

最近の傾向としては、9’0″~12’0″ftまで、実力、波、ライディングスタイル、好み等によって、それぞれ好きなスペックを選ぶようになりました。ハイパーフォーマンスからクラシック迄、子供、女性から60’sオーバーの先輩迄、それぞれの好みによって、選ばれています。
そのスペックに関しても是非ご相談下さい。

基本的に、長さは長いほうが、重くなり、浮力もあり、安定するために、早いテイクオフ~ウォーキング~ノーズライドなどはやりやすくなります。

しかし、その反面、取りまわしにくくなります。長さと言うのはサーファーの体格、乗る波、乗り方などにより適した長さがあります。

ノーズ [nose]

ボードの先端から1フィート(30.48cm)までをノーズと言います。ノーズ幅も重要なポイントです。

一般的に、ノーズ幅は、ハイパフォーマンスボードで16.5インチ~17.5インチ(42cm~44.5cm)、オールラウンドボードで17.3インチ~18.75インチ(44cm~47.6cm)、クラシックボードで、18.0インチ~19.7インチ(45.7cm~50cm)が目安です。

ノーズ幅は、広いほうがノーズライドしやすいと一般的に言われますが、それは全く巻かない、厚い波の時はノーズの浮力が助けになり広いほうが確かにいいですが、小さな波でも巻上げが強いときなどは、逆にノーズが引っかかり安定性が無くなります。

巻き上げの強い波では、細身のボードが以外にノーズライドしやすいものです。

ワイズ [width]

そのボードの一番広い部分を指します。

一般的に、ハイパフォーマンスボードで21.5インチ~22.5インチ(54.6cm~57.1cm)、オールラウンドボードで22.0インチ~23.0インチ(55.9cm~58.4cm)、クラシックボードで22.7インチ~24.0インチ(57.6cm~61.0cm)が目安です。

ワイズは広いほうが浮力が増し安定しますが、重くなり取りまわしにくくなります。その人の体重、乗る波、乗り方によりそれぞれサイズの違いが出てきます。また、ワイドポイントをどこにするかによって、幅が同じでも性格の違うボードになります。

その辺のアウトラインに関しては、シェイパーが考えてシェイプします。

テール [tail]

テール先端より1フィート(30.48cm)の幅をテール幅とします。

テールの幅は、ターン性能に影響を大きく与えます。もちろんテール形状も重要ですが、ここではアウトラインのテール幅について書きます。

テールに関しては、幅と形状によって変わってくるので目安としても難しいのですがハイパーフォーマンスボードで13.25インチ~14.5インチ(33.7cm~36.8cm)、オールラウンドボードで14.0インチ~15.5インチ(35.5cm~39.3cm)、クラシックボードで14.5インチ~16.0インチ(36.8cm~40.6cm)が目安です。

基本的には、テールが広い方がボードは良く走ります。

テール幅が広いということはテール付近のアウトラインが直線的になり直進性がよくなり、ノーズライディングには適しています。

しかし、ロングボードの場合テールを沈めてターンするため、テールが絞られているアウトラインを持つボードのほうがターン性能は良いのです。

ロッカー [rocker]

ロッカーとは、ボードのカーブ、反りのことです。ロッカーは、アウトラインと同様にボードの性格を決める重要な要素です。

このカーブが緩やかな場合は直進性が良くなりスピードが出ます。カーブがきつければターン性能が上がります。一般的にはクラシック→オールラウンド→ハイパフォーマンスとロッカーがきつくなっていきます。

例えば、ノーズライディングをするとろ厚い波においては、ノーズロッカーの少ないサーフボードほうがやりやすいが、ロッカーがあまり無いとコントロールする事が難しくなります。

パドル力の無い人には、少ないロッカーがテイクオフの時に走るボードになりますが、ある程度の技術が無いとパーリングをしやすくなります。そのような人には、多少ノーズにロッカーをつけると良いでしょう。

また、ショートボードからの移行組みの人には、ある程度動くボードが良い事が多いので、そんな人にはロッカーがあり良く動くタイプにすることも良いでしょう。

このように、ロッカーによっていろいろな性格を持ったボードに変わるので、重要な事は、サーファーの実力とスタイルをはっきりさせることです。そして、その情報をもとにシェイパーが、そのサーファーにとってより良いと思われるロッカーをつけます。

レール [rail]

ボードのアウトラインに沿って、デッキからボトムにかけての部分をレールと言います。そのレールの形状でボードの動きが変わります。大きく分けると2タイプあります。

1つは、50/50とかソフトレールと呼ばれるエッジの無いタイプ。これは、クラシックボードのレール形状で、波への食い込みが遅いためにゆったりとしたターンになります。

また、レールが丸いので波が巻きつきノーズライディングをしやすい形状です。直進性に優れ、走り始めたら波の食いつきは良くリラックスした優雅なクラシックスタイルを楽しめるレールです。

もう1つは、ショートボードのレールのようにエッジが効いているタイプです。こちらは、ターンするときのレスポンスが良く、レールが波に食い込み逃げないためにクイックな切れの有るターンになります。

デッキ側からボトム側にかけてどれくらいの割合のところにエッジが付いているかで表現がちがいます。60/40または70/30でエッジをつけます。エッジが鋭いと波を切るために巻きつきは少なくなりますので、ノーズライディングよりはターンに対して効果がでます。

60/40レールはソフトな部分を残してあるので波も巻きつき、オールラウンドなレールと言えるでしょう。水道の蛇口から出る水に、ビールビンを当てるとはじかずにビールビンに水が巻きつきますが包丁の面を上にして当てると水をはじき飛ばします。まさしくこの原理なのです。レール形状によって、乗り味が変わってくるのです。

最大厚みに対して、レールに向かってシェイプされ、テーパーがつきます。そのレールの作り方は、乗りたい波、ホームポイントの波質、サイズ、スタイル等が加味されて決まってくるのです。

サーフボードディティル
50/50

サーフボードディティル
60/40

サーフボードディティル
70/30

厚み [thickness]

ボードの一番厚い部分の厚みを指します。厚みはサーファーの体重、乗り方、波などにより変わってきます。

厚みもボードの性格を決める上で重要な要素の一つです。既製品のボードに表示してある厚みは一番厚い部分ですが、実際にはその他にノーズからテールにかけての厚みの変化が重要になります。

仮に、1人のサーファーが持っているロングボードの場合は、一般的に、クラシックタイプが一番厚みがあり、オールラウンドタイプが2番目、一番薄いのがハイパーフォーマンスタイプとなります。

通常体重が60kg~75kgの男性とすると、ボードのタイプは関係無く2.5インチ~3.5インチ(6.4cm~8.9cm)の間で調整します。

しかし、ボードのタイプにより、ノーズからテールまでの部分的な厚みに違いが有ります。サーファーの体重、乗り方、波、実力などの情報をもと基本的な厚みを決めます。

基本的な厚みからシェーパーがその人の最適なノーズからテールにかけての厚みの調整をしていきます。

テール形状 [tail design]

テールの形状はテール幅とバランスする事により、ターン性能、直進性能が機能してきます。テール形状はラウンド、ピン、スクエア、フィッシュ、その他いろいろと有ります。

スクエアテールはテール幅が広くそのままのアウトラインで来ている場合は直進性が高くなりクラシックボードによくあるものとなります。ノーズライディングには適したテールですが幅が広い場合はターン性能が落ち、大きな波には不向きです。

逆にテール幅が狭く絞られてきたスクエアテールはターンの切り返しも早く、ターンに向いています。

ピンテールの場合にも同様で、ピンテールは大きな波用と言うイメージがありますが、それはテール幅が狭く、そのまま絞られたピンテールは確かに大きな波に向きます。ガンのようなデザインです。

しかし、テール幅が広く、テールよりになって大きなカーブを描いたようなラウンドピンタイプはルース性があがり、大きな波には向かなくなります。テールからのアウトラインはシェイパーが決めますが、形状はお決め下さい。もちろんご相談に乗ります。

サーフボードディティル
Round

サーフボードディティル
Pin

サーフボードディティル
Square

サーフボードディティル
Fish

カスタムオーダー 価格表

今週のドル=円レート 95円

ブランクスの選択肢として、長年にわたりサーフボードフォームの多くに使われているウレタンフォーム、又は、近年シェイプフォームとして研究されて完成して来たEPSフォームのどちらかを選ぶ事が出来ます。

乗り手の為にシェイパーがチューンナップしてシェイプする、カスタムサーフボードの素晴らしさを是非味わってください。

スペックについては、乗り手の実力、体力、体格、波等を考慮してシェイパーに繋げるサーフボードプロデューサーが親身に相談に乗ります。お気軽にお問い合わせください。

カスタムオーダー 価格表

ベースデザイン価格詳細
〜7'5$1,080ベースデザインとは、標準のクリア、シングルストリンガー、シングルフィンボックスでサンドフィニッシュの仕様を指します。

PSCのブランクスはオーダースペックに適したブランクスを使用します。エキストラチョイスとして、EPSフォームを$150アップで選べます。


サンドフィニッシュとは、一般的なショートボードの表面と同じ仕上げで、最終仕上げがサンディング迄でとめることです。

一般的なロングボードの表面仕上げは、グロスポリッシュ(トップコート+バフ掛けによるピカピカ仕上げ)になり、オプションから選べます。
7'6〜9'2$1,150
9'3〜9'11$1,190
10'00〜10'6$1,320
EPSフォーム追加$150
オプション価格詳細
グロスポリッシュ$75サンドフィニッシュした表面にグロスポリッシュ用のトップコートを施してからバフ掛けをしてつるつるピカピカに仕上げます。ティントカラーなどと組み合わせると高級感&クラシック感が出ます。一般的なロングボードにはグロスポリッシュがよく使われます。
ボランクロス $801スクエアフィートあたり7.5オンスの厚くて重いクロスです。少々のバンプにも影響されず、ずっしりと安定し、水をかき分け突き進みます。ノーズライド時に有効で、クラシックタイプに良く使われます。薄い緑色が特徴です。
デッキパッチ$35ニーパドルでヒザが当たる位置にバタフライ形状でクロスを貼ります。クラシックボードに採用すると雰囲気アップします。
テールパッチ$35 
3ストリンガー$180WOODストリンガーが三本入ったフォームです。クラシックスタイルの雰囲気をアップしてくれます。
テールブロック$60クラッシュしやすいテールをガードするために取り付けます。ロングボードの雰囲気が上がります。ただし、スクエアテールかスクワッシュテールにしか装着できません。
ノーズブロック$110ノーズを守るためのウッドガードです。クラシックです。
スタビライザー&スラスター$40ウレタンフォームにはFCS、EPSにはFutureFinのサイドフィンボックスがつきます。オーソドックスフィンも一緒についてきます。
ティントレール&ボトム1色$55ティントとは、ブラシによる色付けが出来ない時代の、色付けの工法で、サーフボードをラミネートするレジンの中に顔料を入れて色を付けます。とても、手間がかかる作業ですが、レジンそのものに顔料が入るため、高級感がでて、美しいものです。
ティントデッキ1色$55
ティントボード全体1色$110〜
インレイ(ピンライン)$35 
ブラシカラー$70〜フォームそのものに、エアーブラシにより色を付けます。マスキングにより、ラインやトリミングを施し様々なデザインに対応できます。
ピンストライプ(ティントに)$35 
ピンストライプ(ブラシに)$35 
配送料金一律39,000円(税込)左記料金はロングボード1本、カリフォルニアから国内指定場所までの配送料金です。料金には輸出用梱包費、アメリカから日本までの物流費、輸入通関費等がすべて含まれます。(引き取りの場合は7,000円引き)

ディケール&サイン

PSCのディケールを好きなところに入れてラミネートします。
また、シェイパーのサイン、自分の名前、好きな言葉等を入れる事もできます。
基本料金:カスタムオーダー費用に込み

ディケール
PSC Type A : 228mm x 63mm

ディケール
PSC Type B : 127mm x 40mm

ディケール
Peter Benjamin

ディケール
PSC Rocket 黒
ハイパフォーマンス&ショートボード用

ディケール
PSC Rocket 白
ハイパフォーマンス&ショートボード用

カスタムオーダー 価格表
Vagabond 黒 大

カスタムオーダー 価格表
Vagabond 黒 小

カスタムオーダー 価格表
Vagabond 白 大

カスタムオーダー 価格表
Vagabond 白 小

ratio Fin Effect System 7.0

ポリカーボネートなので強度とフレックスを持ち合わし、日本のビーチブレイクの柔らかい波にマッチします。オーソドックスなレイク&ワイズなのでクセの無い乗り味。エフェクトシステムなのでセンターボックス取り付け時にネジ不要のワンアクション!画期的なシステムです。

ratio Fin Effect System 7.0

ratio Fin Effect System 7.0
White
RE7001
6,500円

ratio Fin Effect System 7.0

ratio Fin Effect System 7.0
Yellow
RE7002
6,500円

サーフィンスタイル

サーフィンスタイル

ハンドシェイプのサーフボード

パシフィックサーフクラフトのサーフボードはシェイパーが削ります。
当たり前のようですが、最近はマシンシェイプが非常に多くなっています。マシンシェイプは同じデザインを大量生産するには最適の方法だと思います。しかし、パシフィックサーフクラフトではどんなに優れた評価のサーフボードでも万人にあうことはないと考えます。

カスタムオーダーはマジックボードに出会う近道

本当に自分にあったサーフボードに出会うことは非常に難しいことです。自分のスタイルが分かれば分かる程、サーフボードに対する考えも変わります。初心者には楽しく上達するためのボードが必要ですし、上級者にはその人のスタイルを表現できるボードが必要です。

パシフィックサーフクラフトではあなたの体格、乗り方、乗る波、実力を考慮し、シェイパーと相談しながらスペックを決めて行きます。シェイパーと親密な関係が無ければ、名前だけのカスタムオーダーになってしまいます。

パシフィックサーフクラフトは日本の駐在員が対応しますので日本語でどんどん相談して下さい。即日、シェイパーに伝え、より良いサーフボードのデザインを考えます。そして、あなたのスタイルにあった、あなたのための1本をシェイパーがハンドシェイプします。

[マシンシェイプとは…]

サーフィンスタイル NCなどのコンピューター搭載による切削マシンに人気のボードのデータを入力し、フォームを切削マシンがシェイプします。

[マジックボードとは…]

サーフィンをしていてなぜかそのボードだと良い波をつかまえられる、良いライディングができる。その人にとって、ハッピーを与えてくれる最高にあったサーフボードのこと。

サーフィンスタイル

目指すスタイルによってロングボードのデザインが決まります。

[クラシックスタイル]

1950~60年代のリラックスした乗り方でウォーキング、ノーズライディング、ドロップニーターンなどのロングボードならではのテクニックは優雅さを表現できます。ロングボーディングの最後にたどり着くスタイルかもしれません。

[オールラウンドスタイル]

ロングボードの楽しみはとても多く、人それぞれです。テイクオフして波の斜面を滑る、ボトムターン、カットバック、ウォーキング、ノーズライドそして波を最後まで乗りきる。ロングボードのさまざまな楽しみを1本にまとめました。これから始める人、波の選択を幅広くしたい人、自分の目指すスタイルをこれから見つけたい人などの世界を広げてくれるものになるでしょう。

[ハイパフォーマンススタイル]

ほれあがる波の中、テイクオフから早いファーストセッションを抜け、アップスンで走り、鋭いカットバックリエントリーをしてリップにあてこむ。そんな乗り方のできるデザインです。ラディカルなマニューバーを描きたい人に答えてくれるでしょう。

この3種類のボードデザインのどれが自分の目指したいスタイルなのか、そして今の自分のレベルを考慮してデザインを決めましょう。
パシフィックサーフクラフトのシェイパーがあなたの相談にのります。
お気軽にご相談下さい。

Vagabond とは…

Vagabond

Vagabond とは… 辞書によると放浪者、無宿人といった意味があります。

いい波を求めて世界中をサーフトリップをする。

現代人にあてはめるとそんなところでしょう。
PSCの新ブランドVagabondは、そんなサーファーのロマンと夢を込めて作ったサーフボードです。

Future Fin Gold Foil 6.5

ビル・スチュワートと Future Fins のコラボレーションにより、限りなくフォイルとフレックス特性を追求しデザインされたフィンです。モダンロングボーディングの進化したトライフィンテクノロジーを堪能してください。 パフォーマンス系のロングボードにマッチします。

Future Fin Gold Foil 6.5

Future Fin Gold Foil 6.5
センターフィンのみ
Black & Gold
FG6502 7,770円

Pacific Surf Craft とは…

0001

サーフィンをより楽しくするサーフボードと出会って下さい!

ハワイ&カリフォルニアでの長年のシェイプと、日本の初心者からエキスパートの多くの方からのデータ&ノウハウの蓄積により、パワーの有る波でのラディカルなライドから、メローな波やパワーの無い波でのクラシックライドまで、最高のパフォーマンスを発揮できるロングボードをPSCプロデュースでオリジナルボードを販売することになりました。

フォーム・シェイプ・グラッシングのどれも一流です。

お気に入りのサーフボードがありましたら、同じサーフボードをお作りいたします。

また、その他、サーフボードに関するご相談などお気軽にお問合せ下さい。お問合せは「カスタムオーダーご相談」へどうぞ!!

会社概要

企業情報

海をきれいに、ルールを守って楽しいサーフィンをしましょう。
ディケール

ご挨拶

このたびは、パシフィックサーフクラフトのホームページにご来店戴きありがとうございました。

パシフィックサーフクラフトはカリフォルニア、サンディエゴ、パシフィックビーチで生まれたカスタムオーダーサーフボードのメーカーです。

サンディエゴはメキシコの国境と接し、温暖な気候と美しい海岸線を誇り、プロサーファーから女性、お年寄りまでの多くの人が毎日サーフィンを楽しんでいます。海岸線にはパシフィックビーチをはじめ、ラホヤショアーズ、ウィンド&シーなど、クラシックポイントが数多くあり、歴史的にも由緒あるこの地からは、世界を代表する多くのプロサーファーを生み出しています。

また、古くからサーフィンインダストリーも発達し、有名ブランドのゴードン&スミスをはじめ、ベアー等、またシェイパーではスキップフライ、ラリー・ゴードン、ドナルド・タカヤマ、マイク・ヒンソンなどロングボード界の重鎮達もこの地に健在です。

会社概要

会社概要

会社概要

会社概要

パシフィックサーフクラフトは、同地で活躍するシェイパー、ピーター・ベンジャミンのシェイプするカスタムロングボードを日本の皆様にお届けします。

また北カリフォルニアの世界を代表するクラッシクポイントであるサンタクルーズにも拠点を置き、サンタクルーズのシェイパー、パット・ファーレイによるクラッシックスタイルのロングボードの供給もはじめました。

本当に自分に合ったサーフボードとの出会いが、上達の早道でありサーフィンの楽しさを与えてくれるものと私共は確信しています。インターネットという最新のコミュニケーション手段により貴方のスタイルをシェイパーとオンラインでダイレクトに結び、ディテイルを相談しながらサーフボードの仕様を決めていきます。そして、世界に一本の貴方のスタイルに合った最高のカスタムロングボードを製作します。支払いは本社がアメリカのためUSドルでの価格となります。皆様の素晴らしいサーフィンライフのお手伝いをしていきたいと思います。

Pacific Surf Craft JAPAN

住所東京都荒川区西尾久7-12-10-402
Tel.03-3800-3195(留守電、転送有)
Fax.03-3800-3190
E-mailsurf@psc-longboard.com
従業員5名
日本オフィス代表斉藤晴久(サイトウハルヒサ)
事業内容カスタムロングボード、ウェアー、アクセサリーなどの製造、輸入、販売。
取引銀行三菱東京UFJ銀行 新橋支店 普通 4993158
インターセピ 株式会社

Pacific Surf Craft USA

HQ1647 Grand Ave.#18, San Diego, California, 92109, USA
BO1164 Tea Rose Circle, San Jose, California, 95131, USA

ratio Fin Effect System 6.0

ポリカーボネートなので強度とフレックスを持ち合わし、日本のビーチブレイクの柔らかい波にマッチします。オーソドックスなレイク&ワイズなのでクセの無い乗り味。エフェクトシステムなのでセンターボックス取り付け時にネジ不要のワンアクション!画期的なシステムです。

ratio Fin Effect System 6.0
ratio Fin Effect System 6.0
Yellow
RE6001
6,500円

ratio Fin Effect System 6.0
ratio Fin Effect System 6.0
Red
RE6002
6,500円

ratio Fin Effect System 6.0
ratio Fin Effect System 6.0
White
RE6003
6,500円

ARROW SURF BOARDS とは…

0005

Prarson Arrow Surfboardsは、1969年にBob Pearsonがたった1人で始め、クラシックポイント・サンタクルーズに「アロー・サーフ・アンド・スポーツ」をオープンさせたのが1976年。

40年近く経った今、140坪ほどの大きな工場を持ち、何人ものシャイパーを抱えるほどに成長。これまで実に70,000本ものサーフボードを生み出して来た。

0002

Bobは今でも1日に6〜7本のサーフボードをシェイプし、波の良いタイミングで波乗りを楽しみ、娘の高校の水泳部のコーチ迄こなしている。

0003

設立時から現在まで、日本、アメリカ、オーストラリアなど世界中のトップサーファーから支持され続けています。

0004

Bob Pearsonは多くのプロサーファーから意見を取り入れ、サーフボードやフィンを開発。C.J.Neoson、Josh Mohrなどトッププロのシグネチャーモデルを製作しています。

ARROW SURFBOARDS 契約ライダー

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

ARROW SURF BOARDS とは...

カスタムオーダーサーフボード