フィン工学

フィン工学

フィン工学

フィンを変えたことがありますか?

PSCの販売している、Finanlimitedは、長年の実績をもち、ロングボードのフィンとしては、世界で一番のメジャーブランドです。そこの人達は、フィンを交換した時の乗り味の違いを、熱く語ってくれます。フィンを交換して乗ることによって、1本のボードで、様々なシチュエーションで、様々な乗り方ができるのです。

変化の早い波の時などは、動きに敏感に早く反応するフィンにすることにより、ボードが波の動きについて行けて、変化のあるセクションをクリアすることが出来たりします。また、厚めのメローなブレイクの波のときは、直進安定性を確保したり、大きいドライブの効いた伸びの有るターンでスピードを出したり、ノーズライディングで安定するためには、ある程度面積の有るフィンにするほうが効果的です。

フィンを変える事によって、今までと同じボードでもまったく違う乗り味を体験できるでしょう。

フィンのデザイン

フィンのデザインは、4つの要素で構成されています。

BASE(一番下の幅)
TIP(フィンの先端の幅)
HEIGHT(高さ)
RAKE(カーブ)

フィンの機能

BASEの広いフィンは直進安定性に優れ、狭いものは回転性に優れます。カットフィンなどは、ベース幅を狭くして、ピボットターンに優れ、DT&SROなどは直進性が良く、かつドライブの効いた伸びのあるターンに優れる。

TIPの幅が広いものはドライブが効き、左右のぶれなどに対する安定性が向上します。広いベースに、細いティップにすると安定性があり、回転性も確保できる。RetroFinなどは、ベース、ティプともに広く、左右のボードトリミングが楽に出来る。逆に、カットフィンは勿論、SROなどはティップも狭く、回転性に優れる。

HEIDHTが高いほうが、直進安定性に優れ、低いと回転性は優れるがドライブが効きにくい。ノーズライディングをやりやすくするなら、高いほうが良く、回転性を上げたい時は低くすると良い。

RAKE…カーブの大きいほうがドライブが効き、少ないとピボットターンに優れる。ノーズライディングはレイクの少ないほうがコントロールしやすい。RetroFin&CutFinは性格のまったく違うフィンですが、ピボットターンに向いているということは同じです。TudorFinは、BASE・TIPもありますが、RAKEもあり、ドライブの効いたターンとノーズライディングに向いています。

スタビライザーフィン

スタビライザーをつけると、ターンの反応が良くなり、動き出しの速いターンになります。センターフィンをカットフィンなどにして、スタビライザーをつけると、切れのある早いターンが可能です。

また、掘れたセクションでも、波に食いつきスピンアウトしにくくなります。FCSは取りはずしの出来るフィンシステムです。例えば、厚めの波で、ノーズライディングをしたり、クラシックに安定した乗り方にしたい場合はスタビライザーを取ってシングルフィンにしたりすることも有効なセッティングです。

フィン工学
Single Fin

フィン工学
2FCS + 1 Box

フィン工学
3FCS

フィン総評

いろいろ試して、そのボード、ライディングスタイルにあったフィンを探し出すことが重要。

重いロングボードには、あまり小さいフィンはバランスしません。つまり、そのボードに合った大きさや形を選ぶことが重要です。

ノースライディングには、BASE・TIPが広く、RAKEが少ない物が有効です。

回転半径の少ないターンには、BASEが狭く、TIPも狭いものでRAKEが少ないものが有効ですが、スタビライザーとの併用が有効です。

ノーズライディングとターンをバランスさせるフィンは、それぞれの中間的なデザインを選ぶことが有効です。

例えば、BASEが広く、RAKEが大きいものはノーズライディンクがしやすく、ドライブも効くフィンです。

また、ベースが広く、RAKEが適度でTIPが狭いものは、安定しながらも回転性を確保します。

フィンの取りつけ位置

フィンボックスは、フィンの取りつけ位置を変えられます。

前につけると、回転性は上がりますが、直進安定性は悪くなります。

センターは、ナチュラルな動きになり、後ろにつけると直進安定性があがりノーズライディングには良い効果が得られます。

いろいろなセッティングを試してみて、波の状況や、自分のやりたいライディングスタイルに合ったポジションを探し出すことをお勧めします。

QFR(クイックフィンリリース)は、波のハードな時で無ければ、海の上でもフィンの位置を変える事が可能です。お試し下さい。