「サーフィンスタイル」カテゴリーアーカイブ

フィン工学

フィン工学

フィンを変えたことがありますか?

PSCの販売している、Finanlimitedは、長年の実績をもち、ロングボードのフィンとしては、世界で一番のメジャーブランドです。そこの人達は、フィンを交換した時の乗り味の違いを、熱く語ってくれます。フィンを交換して乗ることによって、1本のボードで、様々なシチュエーションで、様々な乗り方ができるのです。

変化の早い波の時などは、動きに敏感に早く反応するフィンにすることにより、ボードが波の動きについて行けて、変化のあるセクションをクリアすることが出来たりします。また、厚めのメローなブレイクの波のときは、直進安定性を確保したり、大きいドライブの効いた伸びの有るターンでスピードを出したり、ノーズライディングで安定するためには、ある程度面積の有るフィンにするほうが効果的です。

フィンを変える事によって、今までと同じボードでもまったく違う乗り味を体験できるでしょう。

フィンのデザイン

フィンのデザインは、4つの要素で構成されています。

BASE(一番下の幅)
TIP(フィンの先端の幅)
HEIGHT(高さ)
RAKE(カーブ)

フィンの機能

BASEの広いフィンは直進安定性に優れ、狭いものは回転性に優れます。カットフィンなどは、ベース幅を狭くして、ピボットターンに優れ、DT&SROなどは直進性が良く、かつドライブの効いた伸びのあるターンに優れる。

TIPの幅が広いものはドライブが効き、左右のぶれなどに対する安定性が向上します。広いベースに、細いティップにすると安定性があり、回転性も確保できる。RetroFinなどは、ベース、ティプともに広く、左右のボードトリミングが楽に出来る。逆に、カットフィンは勿論、SROなどはティップも狭く、回転性に優れる。

HEIDHTが高いほうが、直進安定性に優れ、低いと回転性は優れるがドライブが効きにくい。ノーズライディングをやりやすくするなら、高いほうが良く、回転性を上げたい時は低くすると良い。

RAKE…カーブの大きいほうがドライブが効き、少ないとピボットターンに優れる。ノーズライディングはレイクの少ないほうがコントロールしやすい。RetroFin&CutFinは性格のまったく違うフィンですが、ピボットターンに向いているということは同じです。TudorFinは、BASE・TIPもありますが、RAKEもあり、ドライブの効いたターンとノーズライディングに向いています。

スタビライザーフィン

スタビライザーをつけると、ターンの反応が良くなり、動き出しの速いターンになります。センターフィンをカットフィンなどにして、スタビライザーをつけると、切れのある早いターンが可能です。

また、掘れたセクションでも、波に食いつきスピンアウトしにくくなります。FCSは取りはずしの出来るフィンシステムです。例えば、厚めの波で、ノーズライディングをしたり、クラシックに安定した乗り方にしたい場合はスタビライザーを取ってシングルフィンにしたりすることも有効なセッティングです。

フィン工学
Single Fin

フィン工学
2FCS + 1 Box

フィン工学
3FCS

フィン総評

いろいろ試して、そのボード、ライディングスタイルにあったフィンを探し出すことが重要。

重いロングボードには、あまり小さいフィンはバランスしません。つまり、そのボードに合った大きさや形を選ぶことが重要です。

ノースライディングには、BASE・TIPが広く、RAKEが少ない物が有効です。

回転半径の少ないターンには、BASEが狭く、TIPも狭いものでRAKEが少ないものが有効ですが、スタビライザーとの併用が有効です。

ノーズライディングとターンをバランスさせるフィンは、それぞれの中間的なデザインを選ぶことが有効です。

例えば、BASEが広く、RAKEが大きいものはノーズライディンクがしやすく、ドライブも効くフィンです。

また、ベースが広く、RAKEが適度でTIPが狭いものは、安定しながらも回転性を確保します。

フィンの取りつけ位置

フィンボックスは、フィンの取りつけ位置を変えられます。

前につけると、回転性は上がりますが、直進安定性は悪くなります。

センターは、ナチュラルな動きになり、後ろにつけると直進安定性があがりノーズライディングには良い効果が得られます。

いろいろなセッティングを試してみて、波の状況や、自分のやりたいライディングスタイルに合ったポジションを探し出すことをお勧めします。

QFR(クイックフィンリリース)は、波のハードな時で無ければ、海の上でもフィンの位置を変える事が可能です。お試し下さい。

サーフボード工学

サーフボード工学

クラッシック

シングルフィン・50/50レール・ゆるいロッカーが基本デザインです。水をかき分け進むために重さが役割を果たし、ヴォランクロスという昔ながらのクロスもその役割に一役買っています。引っかかりが無く、スムーズに切り替わるレールの50/50レールはルーズなため、ライディングを優雅に見せます。また、水が絡み付くためにノーズライディングを助ける役割も果たしています。安定した直進性とノーズライディングを助ける、大きなシングルフィンも特徴です。

デザイン的にも、テールブロック・ノーズブロック・Tバンドストリンガー・3ストリンガーなどの視的要素を組み込む事により、よりクラシカルなイメージをボードに与える事が出来ます。

しかし、クラシカルなサーフィンは今ブームですが、乗り手にとっては簡単なサーフボードではありません。これから、ウォーキングを練習し、ノ―ズライドの挑戦したい方。または、ある程度のターンを覚えた方がクラシックスタイルで乗ってみたい、クラシックも今のボードの他に状況によって使い分けてみたいと言う方にはお勧めです。

サーフボード工学
Single Fin

サーフボード工学
Tail Block

サーフボード工学
3 Stringer

オールラウンド

視的デザインはクラシックで、機能的デザインは最新の技術が積めこまれているボードスタイルです。波のチョイスも広く、ターンも容易に出来るようなシェイプであり、ノーズライドも出来るようなシェイプデザインです。デザインの要素もとても多いのが特徴です。これから、ロングボードを始める方、目指すスタイルが決まってない方、1本ですべてやりたい方、サーフトリップに1本だけ持っていくとき用に最適です。

ハイパフォーマンス

ショートボードのテクノロジーを存分に取り入れ、レールの効いたスピードと切れの有るターンをするボードです。細身のノーズは、掘れあがった波に引っかからず進みます。同様に細身のテールと70/30レールは深く、鋭く波に食い込み鋭いターンを可能にしてくれます。そしてクイックで早い切り返しにシングルスタビライザーフィン。動きを妨げる事の無いロッカー。ラディカルなマニューバを描きたい人のためのボードです。

サーフボードディティル

サーフボードディティル

アウトライン [out-line]

ボードを正面から見たときの周囲のプロポーションのこと。そのボードの性格を決定する上で非常に重要な部分。

例えば、ワイドポイント(一番幅の広い部分)がボードのどこにあるかで性格が違ってくるのです。ノーズよりの場合は、直進安定性が増しノーズライディングに向くアウトラインを持つボードとなり、テールよりの場合はターンのしやすいアウトラインを持つボードとなります。

もちろん、波やその他の要素が入るので、一概に言いきれませんが一般的にこのようにアウトラインによって性格が変わってきます。

アウトラインの主な構成は、長さ(レングス)、ノ―ズ幅(ノーズ)、ワイドポイント(ワイズ)、テール幅(テール)であり、それぞれをつなぐ曲線をどの様にシェイプするかがシェイプの上で、重要になってきます。

サーファーの目指すスタイルに合わせ、機能するような水の流れを作るように、相談の上シェイパーが考えて削ります。

サーフボードディティル

レングス [length]

ロングボードは9フィート(274.3cm)以上のサーフボードを呼びます。これは、大会の規格がそうなっているためです。大切なのは単なる長さではなく、サーファーが自分のスタイルを表現しやすい長さが必要です。

最近の傾向としては、9’0″~12’0″ftまで、実力、波、ライディングスタイル、好み等によって、それぞれ好きなスペックを選ぶようになりました。ハイパーフォーマンスからクラシック迄、子供、女性から60’sオーバーの先輩迄、それぞれの好みによって、選ばれています。
そのスペックに関しても是非ご相談下さい。

基本的に、長さは長いほうが、重くなり、浮力もあり、安定するために、早いテイクオフ~ウォーキング~ノーズライドなどはやりやすくなります。

しかし、その反面、取りまわしにくくなります。長さと言うのはサーファーの体格、乗る波、乗り方などにより適した長さがあります。

ノーズ [nose]

ボードの先端から1フィート(30.48cm)までをノーズと言います。ノーズ幅も重要なポイントです。

一般的に、ノーズ幅は、ハイパフォーマンスボードで16.5インチ~17.5インチ(42cm~44.5cm)、オールラウンドボードで17.3インチ~18.75インチ(44cm~47.6cm)、クラシックボードで、18.0インチ~19.7インチ(45.7cm~50cm)が目安です。

ノーズ幅は、広いほうがノーズライドしやすいと一般的に言われますが、それは全く巻かない、厚い波の時はノーズの浮力が助けになり広いほうが確かにいいですが、小さな波でも巻上げが強いときなどは、逆にノーズが引っかかり安定性が無くなります。

巻き上げの強い波では、細身のボードが以外にノーズライドしやすいものです。

ワイズ [width]

そのボードの一番広い部分を指します。

一般的に、ハイパフォーマンスボードで21.5インチ~22.5インチ(54.6cm~57.1cm)、オールラウンドボードで22.0インチ~23.0インチ(55.9cm~58.4cm)、クラシックボードで22.7インチ~24.0インチ(57.6cm~61.0cm)が目安です。

ワイズは広いほうが浮力が増し安定しますが、重くなり取りまわしにくくなります。その人の体重、乗る波、乗り方によりそれぞれサイズの違いが出てきます。また、ワイドポイントをどこにするかによって、幅が同じでも性格の違うボードになります。

その辺のアウトラインに関しては、シェイパーが考えてシェイプします。

テール [tail]

テール先端より1フィート(30.48cm)の幅をテール幅とします。

テールの幅は、ターン性能に影響を大きく与えます。もちろんテール形状も重要ですが、ここではアウトラインのテール幅について書きます。

テールに関しては、幅と形状によって変わってくるので目安としても難しいのですがハイパーフォーマンスボードで13.25インチ~14.5インチ(33.7cm~36.8cm)、オールラウンドボードで14.0インチ~15.5インチ(35.5cm~39.3cm)、クラシックボードで14.5インチ~16.0インチ(36.8cm~40.6cm)が目安です。

基本的には、テールが広い方がボードは良く走ります。

テール幅が広いということはテール付近のアウトラインが直線的になり直進性がよくなり、ノーズライディングには適しています。

しかし、ロングボードの場合テールを沈めてターンするため、テールが絞られているアウトラインを持つボードのほうがターン性能は良いのです。

ロッカー [rocker]

ロッカーとは、ボードのカーブ、反りのことです。ロッカーは、アウトラインと同様にボードの性格を決める重要な要素です。

このカーブが緩やかな場合は直進性が良くなりスピードが出ます。カーブがきつければターン性能が上がります。一般的にはクラシック→オールラウンド→ハイパフォーマンスとロッカーがきつくなっていきます。

例えば、ノーズライディングをするとろ厚い波においては、ノーズロッカーの少ないサーフボードほうがやりやすいが、ロッカーがあまり無いとコントロールする事が難しくなります。

パドル力の無い人には、少ないロッカーがテイクオフの時に走るボードになりますが、ある程度の技術が無いとパーリングをしやすくなります。そのような人には、多少ノーズにロッカーをつけると良いでしょう。

また、ショートボードからの移行組みの人には、ある程度動くボードが良い事が多いので、そんな人にはロッカーがあり良く動くタイプにすることも良いでしょう。

このように、ロッカーによっていろいろな性格を持ったボードに変わるので、重要な事は、サーファーの実力とスタイルをはっきりさせることです。そして、その情報をもとにシェイパーが、そのサーファーにとってより良いと思われるロッカーをつけます。

レール [rail]

ボードのアウトラインに沿って、デッキからボトムにかけての部分をレールと言います。そのレールの形状でボードの動きが変わります。大きく分けると2タイプあります。

1つは、50/50とかソフトレールと呼ばれるエッジの無いタイプ。これは、クラシックボードのレール形状で、波への食い込みが遅いためにゆったりとしたターンになります。

また、レールが丸いので波が巻きつきノーズライディングをしやすい形状です。直進性に優れ、走り始めたら波の食いつきは良くリラックスした優雅なクラシックスタイルを楽しめるレールです。

もう1つは、ショートボードのレールのようにエッジが効いているタイプです。こちらは、ターンするときのレスポンスが良く、レールが波に食い込み逃げないためにクイックな切れの有るターンになります。

デッキ側からボトム側にかけてどれくらいの割合のところにエッジが付いているかで表現がちがいます。60/40または70/30でエッジをつけます。エッジが鋭いと波を切るために巻きつきは少なくなりますので、ノーズライディングよりはターンに対して効果がでます。

60/40レールはソフトな部分を残してあるので波も巻きつき、オールラウンドなレールと言えるでしょう。水道の蛇口から出る水に、ビールビンを当てるとはじかずにビールビンに水が巻きつきますが包丁の面を上にして当てると水をはじき飛ばします。まさしくこの原理なのです。レール形状によって、乗り味が変わってくるのです。

最大厚みに対して、レールに向かってシェイプされ、テーパーがつきます。そのレールの作り方は、乗りたい波、ホームポイントの波質、サイズ、スタイル等が加味されて決まってくるのです。

サーフボードディティル
50/50

サーフボードディティル
60/40

サーフボードディティル
70/30

厚み [thickness]

ボードの一番厚い部分の厚みを指します。厚みはサーファーの体重、乗り方、波などにより変わってきます。

厚みもボードの性格を決める上で重要な要素の一つです。既製品のボードに表示してある厚みは一番厚い部分ですが、実際にはその他にノーズからテールにかけての厚みの変化が重要になります。

仮に、1人のサーファーが持っているロングボードの場合は、一般的に、クラシックタイプが一番厚みがあり、オールラウンドタイプが2番目、一番薄いのがハイパーフォーマンスタイプとなります。

通常体重が60kg~75kgの男性とすると、ボードのタイプは関係無く2.5インチ~3.5インチ(6.4cm~8.9cm)の間で調整します。

しかし、ボードのタイプにより、ノーズからテールまでの部分的な厚みに違いが有ります。サーファーの体重、乗り方、波、実力などの情報をもと基本的な厚みを決めます。

基本的な厚みからシェーパーがその人の最適なノーズからテールにかけての厚みの調整をしていきます。

テール形状 [tail design]

テールの形状はテール幅とバランスする事により、ターン性能、直進性能が機能してきます。テール形状はラウンド、ピン、スクエア、フィッシュ、その他いろいろと有ります。

スクエアテールはテール幅が広くそのままのアウトラインで来ている場合は直進性が高くなりクラシックボードによくあるものとなります。ノーズライディングには適したテールですが幅が広い場合はターン性能が落ち、大きな波には不向きです。

逆にテール幅が狭く絞られてきたスクエアテールはターンの切り返しも早く、ターンに向いています。

ピンテールの場合にも同様で、ピンテールは大きな波用と言うイメージがありますが、それはテール幅が狭く、そのまま絞られたピンテールは確かに大きな波に向きます。ガンのようなデザインです。

しかし、テール幅が広く、テールよりになって大きなカーブを描いたようなラウンドピンタイプはルース性があがり、大きな波には向かなくなります。テールからのアウトラインはシェイパーが決めますが、形状はお決め下さい。もちろんご相談に乗ります。

サーフボードディティル
Round

サーフボードディティル
Pin

サーフボードディティル
Square

サーフボードディティル
Fish

サーフィンスタイル

サーフィンスタイル

ハンドシェイプのサーフボード

パシフィックサーフクラフトのサーフボードはシェイパーが削ります。
当たり前のようですが、最近はマシンシェイプが非常に多くなっています。マシンシェイプは同じデザインを大量生産するには最適の方法だと思います。しかし、パシフィックサーフクラフトではどんなに優れた評価のサーフボードでも万人にあうことはないと考えます。

カスタムオーダーはマジックボードに出会う近道

本当に自分にあったサーフボードに出会うことは非常に難しいことです。自分のスタイルが分かれば分かる程、サーフボードに対する考えも変わります。初心者には楽しく上達するためのボードが必要ですし、上級者にはその人のスタイルを表現できるボードが必要です。

パシフィックサーフクラフトではあなたの体格、乗り方、乗る波、実力を考慮し、シェイパーと相談しながらスペックを決めて行きます。シェイパーと親密な関係が無ければ、名前だけのカスタムオーダーになってしまいます。

パシフィックサーフクラフトは日本の駐在員が対応しますので日本語でどんどん相談して下さい。即日、シェイパーに伝え、より良いサーフボードのデザインを考えます。そして、あなたのスタイルにあった、あなたのための1本をシェイパーがハンドシェイプします。

[マシンシェイプとは…]

サーフィンスタイル NCなどのコンピューター搭載による切削マシンに人気のボードのデータを入力し、フォームを切削マシンがシェイプします。

[マジックボードとは…]

サーフィンをしていてなぜかそのボードだと良い波をつかまえられる、良いライディングができる。その人にとって、ハッピーを与えてくれる最高にあったサーフボードのこと。

サーフィンスタイル

目指すスタイルによってロングボードのデザインが決まります。

[クラシックスタイル]

1950~60年代のリラックスした乗り方でウォーキング、ノーズライディング、ドロップニーターンなどのロングボードならではのテクニックは優雅さを表現できます。ロングボーディングの最後にたどり着くスタイルかもしれません。

[オールラウンドスタイル]

ロングボードの楽しみはとても多く、人それぞれです。テイクオフして波の斜面を滑る、ボトムターン、カットバック、ウォーキング、ノーズライドそして波を最後まで乗りきる。ロングボードのさまざまな楽しみを1本にまとめました。これから始める人、波の選択を幅広くしたい人、自分の目指すスタイルをこれから見つけたい人などの世界を広げてくれるものになるでしょう。

[ハイパフォーマンススタイル]

ほれあがる波の中、テイクオフから早いファーストセッションを抜け、アップスンで走り、鋭いカットバックリエントリーをしてリップにあてこむ。そんな乗り方のできるデザインです。ラディカルなマニューバーを描きたい人に答えてくれるでしょう。

この3種類のボードデザインのどれが自分の目指したいスタイルなのか、そして今の自分のレベルを考慮してデザインを決めましょう。
パシフィックサーフクラフトのシェイパーがあなたの相談にのります。
お気軽にご相談下さい。